50代の化粧品を考える…

10代や20代のころは50代の自分像なんて考えたこともなかった、その年齢でイメージするところはおばあちゃんに近いようなお年頃でもあり。
年齢を重ねながら40代後半とか50歳こえたら、アンチエイジングと考えながらスキンケアを念入りにするなんて思っていなかったですね。

この時代のいいところはスキンケアするのにも沢山の選択肢もあり、寒さ凌いで温まったりお肌と身体にいいグッズが安価なものから購入できるということ。
化粧品だけが良いものでも健やかなお肌にはならず、あったか衣類やバランスのいい食事だってお肌には必要なので、それぞれのカテゴリでいいもの探しをします。
そんないくつかのカテゴリのなかでも肌に直接使う化粧品はこだわりという意味でもいちばん、最近思うことは年齢が上がるにつれて肌がデリケートになるように思いますから熟年層ほど肌負担少なくて、質の良いものを選ぶべきと考えています。

皮脂分泌が盛ん若いころなら添加物使用の化粧品でも肌力というか、丈夫で抵抗力みたいなものが十分あるからまずまずのお肌でいられると思うんです。
アンチエイジング必要になった年齢肌は皮脂分泌も少ないので、保存料や香料など使用してない無添加化粧品、使ってみるとこれがベストですね。

小じわの原因の大半は紫外線によるもの…

小じわとは、簡単に言うと肌の弾力が衰えて皮膚が落ち込み元に戻らなくなることでできる溝のことです。

肌の弾力は老化によって徐々に低下していきますが、肌を老化させる最大の要因は紫外線です。

紫外線にはUVが含まれています。

このUVには、肌の弾力を保っているコラーゲンなどの繊維組織を破壊する力があります。

さらに繊維組織には再生する力を持っていますが、UVはその再生力まで妨げてしまうのです。

小じわができる原因の大半は日光に当たることで起こる紫外線による光老化によるものだと言われています。

即ちしわは年齢よりも日光に当たる時間が大きな問題なのです。

また紫外線だけでなく、乾燥することで小じわが増えてきます。

これは肌の表面が水分不足になっていることが原因で、例えば乾いた紙と湿った紙をクシャクシャにしてみると分かるように、乾いた紙のほうがしわがはっきりとできます。

肌もそれと同じことが言えるのです。

こうした乾燥による小じわは目じりや目の下の部分、口元などに多く見られ、乾燥しがちな寒い冬の時期や風が強い日などに目立つようになります。

ですが、まだ皮膚の浅い表面のしわなので、その時の肌の乾燥具合によって状態が違います。

さらに乾燥以外にも表情が小じわを作っていることがあります。

例えば眉間にしわを寄せる人は眉間にしわが、上目づかいの人は額にしわができやすくなります。

これは筋肉が動いている方向を記憶するからです。ほおづえも同じです。

http://xn--cckvam4a1yk56wneg412d.club/

http://xn--z4qw8wnqodwiqzk.club/